名古屋市緑区のうらさと内科ハートクリニック(内科・循環器内科)HPへようこそ!
院長紹介
クリニック案内
循環器内科
不整脈・ペースメーカー外来
内科
健康診断・検診
予防接種・自費診療
採用情報
院長紹介
クリニック案内
循環器内科
不整脈・ペースメーカー外来
内科
健康診断・検診
予防接種・自費診療
採用情報
アミノインデックス
リスクスクリーニング(AIRS)とは?
アミノインデックス リスクスクリーニング(AIRS)は、1回の採血で、血液中のアミノ酸濃度のバランスから、現在・将来の様々な疾患リスクを一度に検査します。
AIRSは下記の検査結果をご報告させていただきます。
アミノインデックス
がんリスクスクリーニング(AICS)
アミノインデックス
生活習慣病リスクスクリーニング(AILS)
アミノインデックス
がんリスクスクリーニング
(AICS)について
アミノインデックス がんリスクスクリーニング(AICS)の特長とは?
血液中のアミノ酸濃度測定により、現在がんである可能性を評価する検査です。
一度の採血で膵臓がんを含む、複数(男性5種、女性6種)のがんを同時に検査できます。
早期のがんにも対応した検査です。
採血による簡便な検査であり、健康診断で同時に受診できます。
アミノインデックス がんリスクスクリーニング(AICS)は、現在がんである可能性を報告します
AICSは、それぞれのがんについて、現在がんである可能性を0.0~10.0の数値(AICS値)で報告します。
数値が高いほど、現在がんである可能性が高くなります。
現在がんである可能性を判断する目安として、A、B、Cの3つのランクに分類しています。
AICSでは、ランクA→ランクB→ランクCの順番で現在がんである可能性が高くなります。

※がんである可能性とは?
AICSは、血液中のアミノ酸濃度バランスを解析することによって、現在がんである可能性を評価する検査であり、生涯にわたってのリスクを予測する検査ではありません。
なお、がんの有無を直接調べる検査ではありませんので、「ランクA」であっても100%がんではないとは言い切れません。
同時に受診した他のがん健診の結果と異なる場合があります。
また、血液中のアミノ酸濃度は様々な原因で変化するため、がん以外の疾患や、個人特有のアミノ酸のパターンにより、がんでなくとも「ランクB」または「ランクC」と判定される場合があります。

アミノインデックス がんリスクスクリーニング(AICS)の対象がん種、検査対象者について
AICSの検査の対象となるがん種は、胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん(男性のみ)、乳がん(女性のみ)、子宮がん・卵巣がん※(女性のみ)です。

※子宮がん・卵巣がんは、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんを対象としています。
子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんのいずれかのがんの可能性を評価できますが、それぞれのがんの可能性について区別することはできません。

評価項目 対象となるがん種 対象年齢
男性AICS
(5種)
胃がん、肺がん、
大腸がん、膵臓がん
25歳~90歳
前立腺がん 40歳~90歳
女性AICS
(6種)
胃がん、肺がん、
大腸がん、膵臓がん、乳がん
25歳~90歳
子宮がん、卵巣がん 20歳~80歳
男性AICS(5種)
対象となるがん種 対象年齢
胃がん、肺がん、
大腸がん、膵臓がん
25歳
~90歳
前立腺がん 40歳
~90歳
女性AICS(6種)
対象となるがん種 対象年齢
胃がん、肺がん、
大腸がん、膵臓がん、
乳がん
25歳
~90歳
子宮がん、卵巣がん 20歳
~80歳
AICSは、上記年齢の日本人を対象として開発された検査です。
これらの方以外のAICS値は評価対象外となります。
アミノインデックス
生活習慣病リスクスクリーニング
(AILS)について
アミノインデックス 生活習慣病リスクスクリーニング(AILS)の特長は?
10年以内に脳卒中・心筋梗塞を発症するリスクと、4年以内に糖尿病を発症するリスクを検査できます。
大切な栄養素である必須・準必須アミノ酸が血液中で低下していないかを評価します。
評価結果に基づいた医師・管理栄養士監修の生活改善情報により、糖尿病なとの疾患の発症予防に役立ちます。
採血による簡便な検査であり、健康診断で同時に受診できます。
アミノインデックス 生活習慣病リスクスクリーニング(AILS)の評価対象は?
AILS(脳心疾患リスク)、AILS(糖尿病リスク)、AILS(アミノ酸レベル)の3つの評価項目があります。
AILS(脳心疾患リスク)値は、10年以内に脳卒中・心筋梗塞を、AILS(糖尿病リスク)値は、4年以内に糖尿病を発症するリスクを0.0~10.0の数値で報告いたします。数値が高いほど、発症リスクが高くなります。(生涯にわたってのリスクを予測するものではありません。)
リスクを判断する目安として、A、B、Cの3つのランクに分類しています。
AILS(アミノ酸レベル)値は、0.0~100.0の数値で報告します。数値が低いほど、現在血液中のいづれかの必須・準必須アミノ酸の濃度が低いことを意味します。低いことを評価する目安として、「通常」「低い」の2つに分類しています。「低い」場合には、たんぱく質栄養不良、貧血、免疫・炎症の指標との関連が報告されています。
AILS(脳心疾患リスク)の報告内容
AILS(糖尿病リスク)の報告内容
AILS(アミノ酸レベル)の報告内容
アミノインデックス 生活習慣病リスクスクリーニング(AILS)の対象者について
評価項目 評価内科 対象年齢
AILS
(脳心疾患リスク)
10年以内に脳卒中・心筋梗塞を
発症するリスク
30~74歳
AILS
(糖尿病リスク)
4年以内に糖尿病を
発症するリスク
20~80歳
AILS
(アミノ酸レベル)
血液中の必須・
準必須アミノ酸の低さ
20~80歳
AILS(脳心疾患リスク)
評価
内容
10年以内に
脳卒中・心筋梗塞を
発症するリスク
対象
年齢
30~74歳
AILS(糖尿病リスク)
評価
内容
4年以内に糖尿病を
発症するリスク
対象
年齢
20~80歳
AILS(アミノ酸レベル)
評価
内容
血液中の必須・
準必須アミノ酸の低さ
対象
年齢
20~80歳
AILS(糖尿病リスク)、AILS(アミノ酸レベル)は、20歳~80歳の日本人を対象として開発された検査です。
これらの方以外のAILS値は評価対象外となります。
アミノインデックス 
リスクスクリーニング(AIRS)
検査を受けられない方
なお、以下に該当する方は、検査結果に影響がありますので検査は受けられません。
  • 妊娠されている方
  • 授乳中の方
  • がん患者(治療中を含む)の方
  • 先天性代謝異常の方
  • 透析患者の方
アミノインデックス 
リスクスクリーニング(AIRS)
受診前の注意点
血液中のアミノ酸バランスに影響を与える可能性がありますので、受診前に下記の注意事項をお守りください。
検査前の飲食について
検査前8時間以内に、水以外(食事、サプリメント等)は摂らないで、午前中に採血してください。なお、検査前日の夕食も肉、魚などの高タンパク質の食事は摂りすぎないようにしてください。
検査前の運動について
正しい検査結果を得るために、検査当日朝の運動はお控えください。
検査前のお薬の服用について
薬剤のAICS値、AILS値への影響に関しては分かっておりません。
検査当日のお薬の服用方法について、事前に主治医または健診施設にご相談の上、その指示に従ってください。
脳卒中・心筋梗塞・糖尿病の方へ(治療中も含む)
脳卒中・心筋梗塞の方(治療中も含む)のAILS(脳心疾患リスク)値やランク判定および検査結果に基づくタイプ、糖尿病の方(治療中も含む)のAILS(糖尿病リスク)値やランク判定および検査結果に基づくタイプも出力されますが、いづれも評価対象外となります。
アミノインデックス 
リスクスクリーニング(AIRS)
検査の費用について
アミノインデックス
がんリスクスクリーニング(AICS)のみ
27,000円(税込)
アミノインデックス
がんリスクスクリーニング(AICS)+
アミノインデックス
生活習慣病リスクスクリーニング(AILS)
30,000円(税込)

※この検査には健康保険は適用されず、自費となります。

診療科目 内科・循環器内科
院長 許 聖服
総合内科専門医 / 循環器専門医 / 不整脈専門医
〒458-0847 愛知県名古屋市緑区浦里4-87
(名鉄名古屋本線 本星崎駅から徒歩8分)